丸の内 有楽町 東京国際フォーラム前 新日石ビル9F
お電話でのご予約はこちら
03-3211-7025
一般歯科

一般歯科

◎ 虫歯治療

歯は一度削ったら元に戻ることはなく、人工物で補うしかありません。また、悪くなって削ることを繰り返していれば、いずれは多くの歯を失うことにもなります。食事のおいしさや見た目の美しさなど、生活の豊かさを守るためにも、まずは虫歯にならないこと、かかっても早めに治療することを心がけましょう。 当院では虫歯にかかってしまった場合でも、できるだけ削る部分を少なくし、健康な部分はしっかりと残して、歯の寿命をなるべく長くしたいと思っています。 そのために、う蝕検知液を使って染め出しを行い、虫歯を可視化してから削っていきます。 その際、表面麻酔を塗布して、最新の極細注射針と電動注射器を使い麻酔にも工夫をしていますので痛みが怖い方もご心配は要りません。

 虫歯の進行状況
進行 C0
進行 C0

白く濁ったり、点々のようなくすみが歯の表面がみられます。 きちんとした歯磨きにより歯の表面の再石灰化による自然治癒が期待できます。

進行 C1
進行 C1

C1は CO が進行して歯のエナメル質に穴があいた状態です。 歯がしみたり痛んだりの自覚症状がありませんがそのまま放置すると虫歯が広がります。

進行 C2
進行 C2

さらに進行して象牙質まで到達しています。しみたり、痛みが出てきています。 象牙質はエナメル質より軟らかいので進行が早い為、早急に治療する必要があります

進行 C3
進行 C3

C3 は C2 が進行して歯の象牙質の奥にある神経まで虫歯が到達した状態です。ズキズキとした痛みが出てくる場合もあります。 歯の根っこの治療(根管治療)が不可欠です。根っこの治療のあとは大きな被せ物で治療します。治療期間も長くなります。

進行 C4
進行 C4

C4 は 歯ぐきから上の歯が無くなってしまった状態です。神経も死んでしまい痛みはなくなりますが 歯を残すことはできず抜歯となりご自分の歯を失うことになります。治療はブリッジ、インプラント、入れ歯など治療費用の大きなものになります。


 抜髄治療過程の説明
抜髄1
抜髄1

歯髄に達した虫歯

抜髄2
抜髄2

感染組織の除去

抜髄3
抜髄3

消毒薬を入れて蓋をする

抜髄4
抜髄4

消毒後は充填剤を入れ密封


◎ 歯周病治療

歯周病は日本人の成人の8割以上もかかっていると言われるほど蔓延した病気です。歯の周りの組織が炎症を起こしていきますが初期には自覚症状が少なく、気づいた時には歯を支える骨が溶けて歯がぐらつき、抜歯に到ることも珍しくありません。一度かかるとなかなか健康な状態に戻りにくい慢性疾患でもありますから、定期的に受診することが重要です。 当院ではすべての患者さんに対して院長自身が検診する事で、経過を見ながら定期的に歯垢、歯石を取り、症状により歯の周りに抗生物質のジェルを注入したり骨を再生させる治療を選択しています。

健康な状態
健康な状態

薄いピンク色の歯肉。 歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。 歯肉が引き締まっている。 ブラッシングでは出血しない。

歯肉炎
歯肉炎

赤色の歯肉 歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びて腫れている状態 軽いブラッシングでも出血します。 歯垢、歯石が溜まってきているため、定期的なお掃除が必要。

歯周病
歯周病

赤紫色歯肉。 歯と接している歯肉が更に腫れる。 ブラッシングで出血や膿がでる。 歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。 歯肉が退縮して歯が長く見える。 歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。

歯の損失
歯の損失

徹底的に歯石を取り除き歯根の周りをきれいにします。 このまま症状が進むと抜歯になります。


審美歯科

審美歯科

白い歯を詰める、かぶせる治療

歯の形や色をきれいに整える治療です。 セラミック等を使用することでより美しく、自然な歯に仕上がります。 当院では院内に技工士がおりますので、作り手が直接患者さんのお口を見て細かい色合わせや形態修正が可能です。

オフィスホワイトニング

歯の表面にお薬を塗って化学反応を起こすことで色のトーンを明るくします。条件が合えば1回の治療で効果が期待できます。 短期間で早く効果を期待する場合に適します。色の後戻りがある為、定期的に行う事をお薦めします

ホームホワイトニング

専用のマウスピースを作成して、ジェルをお渡ししますので、ご自宅にて1日3時間程度、一定期間塗布を続けて徐々に白くしていきます。 半年に一度のケアが推奨されています。


予防歯科

予防歯科

ブラッシング指導

お口の中の状態を確認して、磨き方の癖に合わせた歯ブラシの仕方を指導すると同時にお口に合った歯間ブラシやフロスなど補助的な清掃具についても説明します。

※当院では特に3番目のイラスト:スクラッピング法を推奨しています。

鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、毛先が曲がらないような軽い力で磨きます(大抵の人は力が入りすぎています)。 歯ブラシの毛は歯と歯ぐきに対して直角になるようにあて、2~3mm程度で小刻みに前後に振動させます。 一度に磨くのは1~2本の歯で、一箇所につき20回以上、小刻みに振動させます。 歯の裏や奥で毛先を直角にあてにくい場合は、45度にあてます。

バス法
バス法

毛先は歯の面に対して45度に、毛先が歯茎に接するように当てます。小刻みに上下に動かしながら、歯一本ずつ横に移動していきます。

ローリング法
ローリング法

毛のサイド部分を歯の根元に垂直に当て、歯冠に向かって90度回転させます。回転の遠心力で一本ずつプラークを取ります。

スクラッピング法
スクラッピング法

毛先は歯の面に対して垂直に当てます。小刻みに上下に動かしながら、歯一本ずつ横に移動していきます。

縦磨き
縦磨き

歯が重なって生えているところや下の前歯・裏側など磨き難い場所に便利な磨き方です。


クリーニング

歯に水を当てながらステイン、プラークを取り除きます。

歯間を清掃
歯間を清掃

普段手の届かない歯と歯の間を念入りに清掃します。

歯の清掃
歯の清掃

歯に水を当てながらステイン、プラークを取り除きます。

機械的研磨
機械的研磨

歯をきれいに磨いてツルツルにします。汚れが付きにくくなります。


フッ素塗布

歯の表面に高濃度のフッ素ジェルを塗り込んで虫歯を予防します。

qwert

失った歯の治療(補綴治療)

失った歯の治療(補綴治療)

インプラント治療

抜けてしまった部分の歯ぐきの下の骨にチタン製の人工歯根を埋めます。 骨との結合を確かめて上に歯を作って自然な歯の形を取り戻します。 当院ではCT撮影をして、より正確に安全にインプラントオペができるように準備をしていきます。 本数が多い場合など時間がかかりそうなケースでは院長と口腔外科の先生がチームを組んでオペを行うことで患者さんの負担を減らします。

 
全体像

インプラント全体像

インプラント構造

インプラントの構造は、フィクスチャー、アパットメント、人工歯、3つの部分から成ります。

フィクスチャー

歯肉を開き、インプラントの土台となる「フィクスチャー」を埋め込みます

埋め込み

骨とフィクスチャーがしっかり結合するまで数か月待ちます。(個人差が有ります。)

土台

フィクスチャーが結合したところで「アパットメント」と呼ばれる人工歯の土台を装着します。

治療完成

人工歯を被せて治療は完成です。長く使えるよう、定期的にメンテナンスにてケアーしていきます。

資料出典:Nobel Biocare Japan


ブリッジ治療

抜けてしまった歯の前後の歯を利用して橋をかけるように失った部分を補います。 当院では院長が顎咬合学会の認定医ですので、細かい噛み合わせの調整が可能です。 また院内に技工士がいる事でより精度の高い技工物ができます。

臼歯が一本抜けた状態
臼歯が一本抜けた状態

臼歯が抜けた状態抜歯後の穴が塞がるまで待ちます。

歯を削って土台に
歯を削って土台に

歯を削って型取りする。それぞれの歯を一回り削ります。歯の神経がある場合は麻酔をして行います。

白いブリッジ装着
白いブリッジ装着

ブリッジの製作/装着、技工士により連結した人工歯を作り、セメントを使って歯に付けていきます。


義歯治療

取り外し式の入れ歯を作ります。 周りに歯が残っている場合は外れにくいようにバネをかけます。 当院では金属のバネを使わない入れ歯の制作も取り入れています。 また、技工士がいる事でその場で入れ歯の修理が行えます。

総義歯
総義歯

歯が無い場合に作る入れ歯です。入れ歯の骨組みを金属で作ると強度が増して薄く出来ます。

部分義歯
部分義歯

残っている歯にバネをかけます。骨組みを金属で作る方法も可能です。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わないので、目立ちません。


口腔外科

口腔外科

抜歯

割れた歯 痛くてかめない歯 ぐらつきの酷い歯 などは抜歯の対象となります。 また、親知らずも生え方によっては抜歯をお勧めするケースもあります。 当院ではレントゲンで状態を確認の上、しっかりご説明してから抜歯を行います。 親知らずなどで歯が顎の骨の中に潜っているケースは連携している大学病院口腔外科にご紹介致します。

顎関節症

顎の関節に由来する痛みや顎が開きづらい 閉まりづらい等 顎の機能の違和感を診察します。 当院ではレントゲンや噛み合わせで状態を診た後に、症状によってはかみ合わせの調整 マウスピースの作成 消炎鎮痛剤の投与を行います。


その他の治療

その他の治療

歯並び

矯正装置をつけて歯並びを整えます。 当院では現在1〜2歯程度の小矯正はマウスピースやワイヤーで治療致します。 全体的な矯正は連携している矯正専門医をご紹介致します。  前歯に限っては、歯の表面を削れる場合はセラミックを貼りつけて形を治すことも可能です。

口臭外来

口臭の原因はさまざまです。 ストレスや暴飲暴食により胃腸が弱っている場合 蓄膿など鼻から由来するケース 歯周病や歯根の先に膿みが溜まっている場合 実際は口臭がないのにご本人が気になってしょうがない場合(心因性) 当院では口臭の程度を測定して客観的に数値化します。 原因を一緒にさぐっていき、場合によっては耳鼻科や内科などと連携して解決していきます。

口の中にできる粘膜疾患

舌 頬 口唇などに現れる潰瘍や痺れを診ていきます。 当院では、詰め物の不適合や噛み合わせに由来する場合はそれぞれの箇所を調整していきます。 ケースによっては塗り薬や飲み薬の投与も行います。 舌や頬の内側に口内炎のような潰瘍ができてなかなか治らない状態が続くケースなどでは、すみやかに連携している大学病院の口腔外科にご紹介して、念のため癌かどうかを鑑別します。

歯軋り くいしばり

長期間に渡り習慣になっているケース ストレス等による一過性のもの 治した歯のかみ合わせの高さが合っていない場合等 原因はさまざまです。 当院ではかみ合わせの調整とともに患者さんの生活習慣に合わせた使いやすいマウスピースを作成します。



自費治療

自費治療費の大まかな目安に成ります。※各種クレジットカードのご利用も可能です。

自費治療1

自費治療2