よくあるご質問

どのようにして虫歯はできるのですか
虫歯は、食生活習慣病の一つともいえます。ミュータンス菌が少なければ虫歯はできません。
しかし、砂糖がお口の中に長い間存在するとミュータンス菌はそれを栄養源として増殖し、同時に粘着性の
ネバネバを生成して歯垢となって歯面に固着します。
ミュータンス菌は酸を産生するため、歯垢が付いている場所では多量の酸を集中的に浴びることになり硬い
歯が溶解していくわけです。ごく初期の段階でも歯の表面はわずかに溶けるのですが、唾液の力によってこの
変化はもとの状態に戻ります。ところが、歯垢を除去せずそのままの状態だったり、唾液分泌の停止している
睡眠中にお口の中に砂糖が残っていたりすると、このバランスが崩れて虫歯の大きな穴を作る方向に向かって
しまうわけです。
 虫歯は1日や2日ではできませんが、食習慣や清掃習慣が規則正しく行われないとあっという間に虫歯は進みます。
キシリトールやパラチノースなどお菓子には代替甘味料を使ったものも多く登場してきましたが、砂糖を全く使わない
食生活は現実ではまだ難しいようです。
Q.フッ素はどうして虫歯予防に有効なのですか
フッ素の作用は、歯のエナメル質の結晶に取り込まれて、ミュータンス菌の産生する酸に対して溶解しにくい
強い歯質にします。また虫歯になりかけのわずかに溶けた歯の表面にカルシウムなどを沈着させ、修復する
現象(再石灰化)を促進します。フッ素は特にはえてまもない幼若な歯によく取り込まれるため、この時期に適切な
量のフッ素を歯に取り込ませることができれば虫歯に対する抵抗力を高めることができます。
家庭でもフッ素含有歯磨き剤を小豆大で十分ですから使ってみてください。またフッ素洗口、フッ素塗布など
いくつか方法があるのでご相談ください。
当院では歯が弱い人を対象に定期的な予防のシステムを行っております。

井上歯科医院

診療日

× ×

※土、日、祝祭日は休診いたします。
午前9:30分〜13:00 
午後14:00〜18:30

お問い合わせフォーム

各種認定医





24時間ネット予約

歯医者の独り言